ひたすら!関係代名詞クイズ1


Start
Quiz!
 


回答

1. 

  The womanS who I saw yesterday wasV NadiaC.
私が昨日見た女性はナディアだった。
先行詞の人(女性)を、whoに続くの文(私が昨日見た)が形容し、主語をつくっています。関係代名詞に続く文では必ず代名詞が1つ抜けています。今回はsawの目的語ですね。
2語以上で形容詞となる場合、英語では後ろに置かれます。関係代名詞も形容詞節作るので、後ろに置きます。
2. 

  a movie that everyone is talking about
皆が話している映画
that = which
人以外の名詞を修飾する関係代名詞はwhichです。whichもwhoも、常にthatと代わることができますが、元は何だったのかという視点をまず持つようにしましょう。また、talkは「を」を含まない自動詞なので、後ろにaboutが必要です。抜けはaboutの後ろの目的語ですね。
3. 

  HeS wentV to the schoolwhere that my father went to.
彼は私の父が行ったその学校に通った。
that = which
場所なので、whereとしがちですが、注目すべきは関係詞に続く文の抜けがどこにあるかです。今回は「went to」の後ろに抜けがあり、これは代名詞ですから関係代名詞を使うとわかります。whichは先行詞に「人以外」のものをなんでも取ることが出来、場所も例外ではありません。ちなみに、もし「my father went」で終わっていた場合、whereが正解になります。
4. 

  Never goS to a doctorwhere whose office plants have died.
(その人の)職場の植物が枯れた医者には決して行くな。
whose = (その)SがVする〜 :人(your, my, his, her, their)以外でも、物・こと(its, this, that)を先行詞に取ることができる。
訳すときは、「その人の」の部分は無くしてもよい。
5. 

  HeS won’t haveV much timeO to prepare for the conferencewhy, which is this afternoon.
彼はその会議に対して準備する時間があまりなく、それは今日の午後である。
whichの非制限用法→ コンマの後に関係代名詞(which, who)が続くこと。単に先行詞への形容詞として訳すのではなく、「そして・それは」といった表現を伴い、文の補足情報として後ろに訳を置く。thatと置き換えられない
much【形】:多くの (否定形で、あまり〜ない)→ uncountable nounしか形容できない点に注意。
6. 

  HeS marriedV a girlO whose family don’t seem to like him.
彼は、(その)家族が彼を好んでいないと思われる女性と結婚した。
noun + whose S+V = (その)SがVするnoun。
7. 

  ItS wasV youC who Dan gave the keys to. ItS wasn’tV meC.
ダンが鍵を渡したのはあなただった。それは私ではなかった(私じゃない)。
前置詞の目的語が省略される関係代名詞には注意。「give O to 人」 = 「give 人 O」 だが、今回は前者の形。
8. 

  SheS stillhow remembersV the young manO who she shared the story of her childhood with.
彼女はまだ、幼少期の話を分かち合った若い男性を覚えている。
whoに続く文の抜け = withの後ろのB (share A with B = BとAを共にする・分かち合う。)
childhood:幼少期(the state or period of being a child)
9. 

  IS’ve neverhow feltV closeC to the communitywhere which I grew up in.
私は、育ったコミュニティ(地域)に親近感を持ったことがない(を近くに感じたことがない)。
whichに続く文の抜けがinの後ろなので、名詞。よって使う関係詞は関係代名詞。もし「I grew up」で終わっていた場合、「に・で・中で」等の場所の前置詞の意味を含む「where」が答えになる。
10. 

  The detectiveS wantedV detailsO that could help identify the robber.
その刑事は泥棒の身元を特定する助けになるかもしれない個人情報(詳細)を欲した。
help (人) to V:「(人が)Vするのを助ける」では、「to」を省略することが可能。しばしば口語では省略されるので注意。
robber:「(脅しや暴力を使う)強盗」、burglary:「不法侵入泥棒」、thief:「こそ泥」
11. 

  Most workersS who are not currently employed can receiveV a certain amount of cash.
現在雇われていない大半の労働者はある一定の金額を受け取ることが出来る。
certain【形】:(a〜の形で)いくらかの・ある程度の・一定の(some)
amount【名】:(a 〜 amount ofの形で)の・な量・額。(of以下は不可算名詞が続くことに注意。)
12. 

  Whoever is not currently employedS can receiveV compensation for the losswhy.
現在雇われていない人は誰でも、損失に対して補償を受け取ることが出来る。
「whoever = 〜する人は誰でも」: 集合名詞なので、単数扱い。よって答えは「is」。whoは先行詞を取るが、whoeverは先行詞を取らないので注意する。よって、whoever(やwhat)はただの名詞で、関係代名詞ではないとBritish Councilは記載している。
compensation:何かの被害や損失と同等となるもの・補償金・賠償金・埋め合わせ。