【スプレッドシート】ドロップ(プル)ダウンリストのつくりかた|#動的参照 #Indirect関数


こんな感じのドロップダウンリストって、どうつくるの?
作り方はすごく簡単よ。

Step # 1:ドロップダウンリストの中身を別シートに準備

  1.  別シート(シート2 )を用意


  2.  用意した別シートに、ArrayFormula関数で、月を入力
  3. A2 = ArrayFormula(Row(A1:A12))   

     手作業でも可能ですが、ArrayFormulaを使えば、セル1つへの入力で済みますね。


    = ArrayFormula(一気処理したい関数(範囲指定あり))
     ArrayFormulaをつけると、本来ドラッグダウンで範囲拡大していた関数が、1つのセル入力で済みます。続く関数の範囲指定を忘れずに。入力はショートカットが便利です。


     Windows Ctrl + Shift + Enter  | Mac  + Shift+ Enter


  4.  年も入力(B2に開始年度を入力後)
  5. B3 = ArrayFormula(Row(A1:A20)+B2)   
     今回は2000〜2020ですが、開始年度や範囲指定を変えれば自由に変更できます。

    = Row(行番号を教えてもらう、セル)
     Row関数は、そのセルが在る行(row)の数を返します。Row(A1)は、1行目なので、「1」です。A1:A20なら、1〜20ですが、今回は先頭の2000に足しあげる為、2001〜2020です。


    これで、ドロップダウンリストの中身の準備が完了ね。

    Step # 2:ドロップダウンリストをつくろう

    1.  月のドロップダウンリストをつくる

    2. 手順1: ドロップダウンのセルをクリック
      手順2:「データ」をクリック
      手順3:「データの入力規則」>「データ範囲を選択(田)」をクリック
      手順4: 「シート2」よりドロップダウンするデータ範囲を選択し「保存」

    3.  年のドロップダウンリストも右に設置

    4. 手順は同上です。


      つくりかたは分かったけど、実際どんな時に使うんだろう?
      例えば、以下の例みたいに、Indirect関数と組み合わせて、別のシートからデータを動的参照をするには相性抜群よ!