【スプレッドシート】グラフ・図のつくりかた|カスタマイズからスライド共有まで


今回は、スプレッドシートで表をグラフにする方法よ。
※ 上の表を、下のグラフにしています。


スプレッドシートで表をグラフにするのはとても簡単です。

一方、表から適切に範囲選択したり、見やすくカスタマイズするには慣れも必要です。
以下では表のグラフ化について、1ステップづつ学んでいきましょう。



 Step # 1:グラフのつくりかた

  1.  グラフにしたい範囲を選択

  2.  ラベルも含めて、グラフにしたい範囲を全て選択します。



  3.  「挿入」タブから「グラフ」を選択

 挿入からグラフを選択すると、すぐに自動作成されます。



グラフによって範囲をかえよう

例えば、円グラフに総人口があるのは不自然です。設定>データ範囲から、総人口の行を無くすと、グラフに反映されました。



 Step # 2:グラフをカスタマイズする

  1.  グラフの種類をかえる

  2.  グラフの生成と共に、グラフエディタが右に表示されます。見やすい種類を選択しましょう。



  3.  タイトルをかえる

  4.  グラフエディタのカスタマイズから、「グラフの軸とタイトル」を押しましょう。グラフエディタは、右上の3つ点から起動できます。



  5.  グラフの見た目をかえる


 X軸の情報の切替

 グラフエディタ>設定>行と列を切り替える>データラベルより



 ラベル付け(棒グラフの場合)

 グラフエディタ>カスタマイズ>系列>データラベルより



 ラベル付け&変更(円グラフの場合)

 グラフエディタ>設定>ラベルより



 説明方法をかえる

 グラフエディタ>カスタマイズ>凡例(はんれい:説明方法の意)より



 3D化

 グラフエディタ>カスタマイズ>グラフの種類より


 Step # 3:グラフをスライドへ挿入する


スライドとグラフを組み合わせれば、データを可視化できて、より直感的に内容を伝えることができるわね。


 グラフを挿入する手順

 挿入>グラフ>スプレッドシートから>対象のグラフを選択・インポート


思ったより簡単だったね。
ちなみに、グラフ前のもコピペでスライドに貼り付けられるわよ。